花の都

今週のお題「好きな街」

 

好きな街。

20年ほど前に行った、イタリアのフィレンツェ

白い壁にオレンジの丸い屋根のドゥオモの写った写真、

よく見かけますよね。

あのフィレンツェです。

 

その当時、よく藤本ひとみさんの小説を読んでいました。

藤本ひとみさんはコバルト小説作家時代から

大好きで、コバルトからは途中卒業され、

その後は歴史小説を多く書かれているのですが。

歴史好き(世界史含む)&美男子好きという

共通点があったからでしょうか。

ほとんどの作品、読破させていただいていました。

『逆光のメディチ』という歴史小説

ルネッサンス期のメディチ家の話なので

フィレンツェが舞台となっています。

大好きだったと言いつつ、流石に読んでから

20年近く経っているので細かい内容は覚えていませんが。

確かレオナルド・ダ・ビンチ(小説では女性になっていました)から見た

メディチ家の話だったと記憶しています。

 

ツアーで行ったので、自由時間はほとんどなく、

ただ名所を案内されただけでしたが。

ヨーロッパってさすがだなと思うのが、

古き良きものがそのまま整備されて

使い続けられているから、

歴史をそのまま感じられるんですよね。

ローマやミラノは大都会で、

有名な建築物など点在はしていても、だいぶ近代化していましたが。

フィレンツェはこじんまりとした街なので

余計に昔の面影が街全体、そのまま残っている感じでした。

日本みたいに、建築物が木造ではないからというのも

あるのでしょうけれど、なんだか小説の中に

タイムスリップしたような、そんな気持ちになりました。

藤本ひとみさん、これまた描写がとても細かいので。

読んでいても、映像として脳裏に描きやすかったから、

小説の中の登場人物の目線での

景色を堪能できて、感動した覚えがあります。

一つ残念だったのは、ウフツィ美術館、せっかく行ったのに、

どうやら日本で「ウフツィ美術館展」をやっていたらしく。

名画の数々が日本へ出張中だったこと。

 

そのツアーではミラノからフィレンツェを通って、

ローマまでと北半分をめぐるコースだったのですが。

イタリアって、食べ物が全部美味しいし、

本当にいいところでした。

(好きな街というより国になってる^^;)

そして、ラテン系というのもあるのでしょうか

男性が皆、優しかったような気がします。

イギリス紳士のような洗練されたものとは違う、

人柄の良さからくる親切みたいな感じ?

 

南半分もいつか行きたい!と思っていたのに、

結婚、育児、そして離婚・・・

経済的にももう、海外旅行なんて行ける機会、

一生なさそうです。

ポンペイも、アルベロベッロも、青の洞窟も

行ってみたいところ、目白押しなんですけれども。

ちょっと足を伸ばしてマルタとかシチリアとかにも

行ってみたかったな。

 

住むとなると、言葉の壁や差別などもあるみたいなので

こはちょっと違うんですけれども。

行ってみたい、憧れの地って感じでしょうか。

 

ミッション、クリア!

相変わらず、気持ちの低迷前線が停滞中です。

いつになったら上昇気流に乗れるのでしょう。

 

とはいえ、今日は無事、ハープの発表会という

大イベントをクリアしてきました。

 

なんと、着れたんですよ、20年前のドレス!!

 

ハープよりそっち?って感じですが。

他に着る機会のないドレス、

新たに購入するのはもったいないですし。

レンタルも調べてみたのですが、

購入しちゃった方が安いのでは?という金額。

しかも田舎なので近くにレンタルショップないから

試着もできない・・・ということで。

手持ちのドレスを頑張って着ることに。

かなり生地が引っ張られてましたが、

取り敢えず、お肉はおさめられたからよしとしましょうw

 

演奏自体は・・・うん、練習不足でした^^;

結局、ソロの曲は「いつも何度でも」が

人前で弾けるレベルまで達するのには間に合わないと。

アメイジンググレイス」と「グリーンスリーブス」に

変更してもらいました。

意外とこの2曲、演奏後、評判良かったみたいです。

「綺麗に響いてたよ」と

知らない方からお声いただけたりしました。

実は「みやびメソード」を少し参考にさせていただいて、

響かせ方をちょっと真似て弾いてみたんです。

「みやびメソード」とは

世界的なハープ奏者である松岡みやび先生が

確立された奏法なんですけれど。

音の響き方が素晴らしいのはもちろんなのですが、

演奏されている姿もとても優雅で美しい!

私もいつか、習いたいな・・・なんて密かなる野望を

持っているのです。

とはいえ、高名な先生なので、それなりにレッスン料も

お高くなっておりまして。

田舎住まいの薄給のシングルマザーにはとてもとても、

教えを請うなんて夢のまた夢。

YouTubeで生徒さんの発表会の演奏や

先生が細切れに発信してくださっている

映像を参考に、見様見真似するのが精一杯。

 

今習っている先生がおおらかな方でよかった。

ちょっと癖のある奏法なので、先生によっては

「その弾き方は・・・」とおっしゃられてしまう事も

あるとかないとか。

 

ソロが思ったよりも上出来だったので。

すっかり安心しきって、緊張が解けてしまったんでしょうね。

先生と合奏の「お人形の踊り」の方は散々でした^^;

「楽しめればいいのよ〜」なんて、慰めのお言葉、

いただいちゃいました(◞‸◟)

 

兎にも角にも。

自分に全く自信のない私が、

身内(先生の生徒さん)ばかりとはいえ人前で演奏するなんて

大事業をなせるようになったのも。

たぶん、吹奏楽団に入って、

何度かステージに上がって演奏していた経験が

生かされているんでしょうね。

もちろん、吹奏楽団で一番下手っぴな私が

ソロを担当することなんてほぼなかったのですが。

人目の恐怖からくる緊張感は

昔よりも断然なくなってきた気がします。

 

経験重ねるって、大事ですね。

 

それでも棘は遠慮します

寒暖の差がまだまだあるとはいえ。

お天気の日は汗ばむくらいの気候になってきました。

バラの新苗が出回り始め、

ついついカタログを眺めては

あれもいいし、これもいい〜なんて

一人ほくほくしています。

 

挿木をしようと頑張って応援していた

シェラザードというピンクの花の薔薇が、

とうとう完全に枯れてしまったので

本格的にピンクの花のバラを探していました。

 

その購入候補の筆頭だった「ナエマ」。

デルバールと言うフランスの有名なところ作出の

バラなのですが、

人気の品種なのでなかなか値段が下がらないんです。

 

それが、新苗で2千円台で買えました!!

新苗なので、まだまだ苗が貧弱です。

今年は花を我慢して

株を育てることに集中します。

どんな香りがするんでしょう?

ゲランの香水の名を冠するくらい

芳香のする花。

楽しみすぎる〜♪

 

上の写真でちょこっと隣に写っている蕾は

「ヘルシューレン」と言うバラ。

葉っぱに斑が入る珍しい品種だそうで。

今年、我が家のバラで一番に咲きました。

 

これくらいの開き具合の時は

可愛らしいのですが。

開き切った時の花びらが少ないので

好みからちょっと外れて残念。

 

フェンスに這わせてある

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサーヌが

すごくたくさん蕾をつけています。

ただこのバラ、とてもゴージャスなくらい

花びらがあるのですが、多すぎるのか

開きが悪いのです。

蕾が固く、雨に当たったりすると

ボウリングという状態のままで

花が開かないままに終わってしまうという

悲しい性が。

少し開くのをお手伝いしてあげると

上手に開いてくれる確率が高くなるそうなので。

せっかくの花を無駄にしないため、

頑張ってお手伝いしてあげたいと思います。

今週はお天気あまり良くなさそうですし。

自然に開くのは難しそうですしね。

 

そういえば、薔薇って邪気を払ってくれる

縁起のいい花らしいんですよね。

棘が邪気を払ってくれるそうで。

あ、私、棘みんな折ってるんだっけ。

だから邪気が入ってきてしまうんですかね〜^^;

 

 

 

キョウ女

だいぶご無沙汰してしまいました。

どうも、気分が乗らない日が続いてしまい。

PCに触れることすらできませんでした。

すっかり、「鬼」に負けてしまっていたんですね。

まだまだ元気とはいえない状態ですが。

このまま「気」が停滞してても仕方ないので

バタバタもがきながらも

ゆるゆると再開してみようかなと。

 

20年ほど前に痛めた膝が悪化して、

膝が崩れ落ちることが多くなってきたので

膝を専門にしている整形外科を見つけ、そちらに

通院することにしたんです。

最近は走ることすらできなくなってました。

(元々、早くは走れませんが)

初診のため、レントゲン撮影のみ。

骨に異常はないそうで、

次回のMRIの予約をすることに。

 

その整形外科さんの近所に

聖天さんがあるので、ついでにそちらに立ち寄ったんです。

ちゃんとした順路でお参りを済まして

おみくじ引いてみました。

木の箱をカタカタさせて番号札を引き、

それを社務所の方に言うと、おみくじの紙と

引き換えてもらうタイプ。

私が札の番号を言うと・・・

あら?なんか社務所の方、一瞬固まった?

いただいたおみくじに書いてあった文字は

 

「凶」

 

多分、凶って普通はあまり入ってないんじゃないかな?

ある意味、引きが強いw

内容も

「何事もうまくいかないでしょう」

みたいな言葉のオンパレード。

あはは〜って、笑うしかないでしょう。

 

神様(聖天さんは正式には仏様)はさすがです。

その後一週間、悪いことの連続でした。

直接私ではなく、子供に関することなので

ここでは触れませんけれども。

 

そして一週間後、今度はMRIを撮りに

再度同じ整形外科へ。

その結果。

外側の半月板損傷。

軽度〜中等度だったそうです。

自然に治ることはなく、

悪化していく一方らしく。

次回からリハビリと

再生医療の両方で治療していくそうです。

インプラントでも結構な出費だったのに。

膝にまで高額医療・・・

生きていけないかも(ToT)

 

ここで、先週のリベンジ!と思って

またもや聖天さんに寄ってみました。

あれ?なんか、ガランとしている。

人気がないし。

・・・とりあえず、お参りしてみることに。

空いてていっか〜なんて思っていたんですけれども。

 

あれ?正面の扉、この間は開いていたのに

今日は閉まってるぞ?

まあ、せっかく来たことだし、

と普通にお参りを済ませて。

そして、社務所でおみくじ・・・

オロロ、社務所も閉まっとる!!

そこには無情な貼り紙が。

「拝顔時間 十時〜十五時半」

 

先週と同じくらいの時間に整形外科には

行っていたのですが、

今回はMRIを撮ったのもあり、

診察時間が前回よりも長かったので

拝顔時間に間に合わなかったんですね。

無人のおみくじではないので、

社務所が閉まっていると

おみくじリベンジもできないんです。

 

そして、その「凶」を引きずったまま、

2週間が過ぎようとしています。

流石に何もかも最悪〜という状態ではありませんが、

悪い気流のまま、ダラダラと日々が流れていっている感じ。

 

次回の整形外科の予約は5月の半ば。

それまでにおみくじリベンジに行くべきか、

停滞気流の中、ゆらゆらたゆたうか・・・

悩むところです。

偽り家族の物語

お題「気になる番組」

 

SPY×FAMILY」のアニメが

4月9日(土)の23時00分から放映始まります!

今、一番の楽しみにしている番組♪

 

子供の頃、お小遣いが少ししかもらえなかったので。

漫画は人から借りる、もしくは

厳選したものを月1冊買う、というスタンスでした。

今でも同じ感覚で、

どうしても漫画はなかなか買う気にならないんですよね。

 

それが、今って結構無料で読めるんですね〜。

Yahoo検索で宣伝表示されていた

SPY×FAMILY」。

最初は気にもとめなかったのですが、

何度も表示されるうちに、だんだんと物語が気になってきて。

少年ジャンプ+」というアプリをつい、ポチッと

インストールしてしまいました。

初回無料で一気に読みまくって、すっかりどハマり。

 

それが昨年末くらいのお話。

アニメ化が決定し、とうとう今週の土曜日から

放映されるなんて!!

本当に、楽しみすぎる。

なんといっても主人公の「黄昏」さんが

カッコよすぎ💕

偽りの奥さんである「ヨル」さんも

なんとなく自分と同じ系統かな・・・と

共感してしまうし。

「アーニャ」ちゃんも、あんな小さいのに

特殊能力のおかげで、色々余計な物事まで

聞こえてきてしまって辛いことも多いだろうに。

明るく純粋な少女で可愛い。

 

登場人物、みんな好きです。

ストーリーもギャグが冴えてて。

面白い。

 

昔はアニメ、結構見ていた

(漫画買えないからアニメで我慢していた)

のですけれども。

最近はいわゆるゴールデンタイムにアニメの放映が

ほとんどなくなってしまって、ほぼ深夜枠になってしまったので

わざわざ観ようと思わなかったんですよね。

久々に。

これは絶対観たい!

と思うアニメ、きました。

 

ストーリーも紹介したりできればいいんでしょうけれども。

ネタバレの境界線がよくわからないので

敢えて触れないでおきます。

漫画の独特の間の面白さがアニメで

どこまで表現されるのか。

その辺、注目。

 

そしてそして。

オープニングの曲をOfficial髭男dismが担当!

幸せすぎる〜!!

今からテンション上がりまくりです。

早く土曜日にならないかな♪

 

 

ピンクの薔薇に心奪われ中

相変わらず、枯れかかって瀕死の薔薇、

シェエラザード

挿木を試してみようと

小さな鉢に赤玉土、成長促進剤と揃えて、

もう少し新芽が大きくなったらと

待っていたのですが。

一向に芽が大きくならず、それどころか

日に日にますます弱っていってます。

 

もしかして、カミキリムシの幼虫が

根にいるのかも??

前に育てていたオデュッセイアという赤い薔薇も、

枯れてしまってから根を掘り起こしたら、

幼虫が3匹ほど出てきたことがあるんです。

 

というわけで、土を変えてみることにしました。

鉢をひっくり返してポコっと外してみたところ。

あらら、根の張りがイマイチ。

幼虫はどうやらいなさそうでした。

 

根の張りがイマイチなので、

小さめの6号鉢に植え替えて。

もうしばらく様子見。

挿木にするにはちょっと、

元気さが足りなさすぎて難しそうです。

 

植え替えたことでさらに弱ってしまうのか。

できれば生き返って欲しい。

 

と、切に願ってはいるものの。

 

ロサオリエンティス(薔薇の家)のインスタを見るたび、

あ、これも欲しい、あれも欲しい・・・

欲しい欲しい病。

 

メアリーレノックスというピンクの薔薇が

今、とても気になっています。

秘密の花園』の主人公の名前を冠した

2021年作出の新しい薔薇だそうです。

何を隠そう、『秘密の花園』は小2の頃に

大好きだった本の一つ。

当時飼い始めた犬(ヨークシャーテリア)に

家族の反対を押し切って、

「メアリー」と名付けたくらい。

結局、「メーちゃん」「プーちゃん」などと呼ばれ、

私を含め誰一人「メアリー」とは呼ばなかったんですが^^;

 

名前でも惹かれて、さらにさらに、

ダマスクにミルラの芳香、しかも強香。

鉢植えにもお勧めと。

これはもう、買うしかないでしょ!←早速浮気?

・・・が、残念ながら売り切れ。

再出荷予定の連絡待ちを設定してみました。

 

そしてもう一つ、気になる薔薇。

ナエマというこちらもピンクの薔薇。

フルーツにダマスクの芳香がとても強く香るそうで。

ゲランの香水になぞらえているそうです。

興味津々。

デルバールというフランスの有名なところの

作出のバラで。

人気のある品種だから、ホームセンターなどでも

売られていることが多いそう。

そういえば、昔見たことあるかな・・・

どこかのお店で。

花がついていなかったんでしょうね。

香りに気づかず、スルーしてました。

名前もあまりピンとこなかったんです。

 

と、こちらはホームセンターを

回って探しているのですが。

まだ薔薇苗の最盛期ではないのか、

近所のホームセンターはあまり薔薇苗が

並んでいません。

もう少し、待ってみようかな。

 

あ、もう買う気満々になっている・・・

あまり増えても世話が大変になるので、

程々にしなくては。

 

メアリーレノックスは運命、として。

ナエマはもし遭遇できたら購入、にしときますw

 

 

 

 

 

花はどこへいった

近所の桜も満開になってきました。

春ですね〜。

花粉症が最盛期です。

薬の効きめがあまり感じられず・・・

クシャミ、鼻水、目のかゆみ。

三重苦+薬の副作用による喉の渇きと気だるさ。

早く終わらないかな、花粉。

スギもヒノキもアレルギーがあるので

もうしばらくこの状態が続くと思うと。

憂鬱な時期でもあります。

 

花々が彩鮮やかに咲き始める季節ですが。

私の脳内の花畑は、季節を後退して

冬真っ只中に。

すっかり花々が萎れてしまいました。

 

片想い中だった彼とは全然接点がなくなり。

事務的な挨拶するくらい。

職場の人に「付き合ってるの?」と

聞かれたこともありましたが。

めんどくさくなって、

「ぶっちゃけ、断られてるから。あり得ませんよ」

最後の切り札を自分で晒してしまったので。

踏ん切りがついたというか。

今までのような、ふわふわした期待感がなくなって

しまったようです。

現実をやっと、飲み込めてきたんでしょうね。

 

相変わらず、しょっちゅう目は合うんですけれども。

こちらからつい、無意識に目で追ってしまってるから、

かもしれませんが。

まあそれはそれ、ナルシスト君なので。

見られると嬉しいんでしょうかね、

興味のない人(私)でも、気にはしてくれているようで。

向こうからの視線を感じるんですよね。

こちらはといえば。

好みのイケオジさんなので、完全に眼福として

遠くから拝ませていただいているんですが。

利害が一致している?

恋愛感情とかではなく、お互いの自己満の賜物で

見つめあっている形😅

ある意味、相性がよかったのかも?

 

脳内のお花畑もまたいつか、

花咲く日が来るんでしょうか。

そろそろ年齢も年齢なので。

次の花が咲くのに時間がかかりそうです。

 

その間、庭の薔薇たちが素敵な花を

咲かせてくれるのを楽しみにしますか。

瀕死のシェエラザート、まだ挿木にしていません。

残りわずかな新芽がもう少し育ってからでないと、

難しそうなので・・・

育つ前に萎れてしまわないといいけど^^;