歴女の端くれ

今週のお題「読書の秋」

 

私が小学生の頃、我が家には「ドラえもん」の6巻(なぜかこの巻のみ)と

「日本の歴史」しか漫画がありませんでした。

もちろん、友達から「リボン」や「なかよし」等の少女漫画誌

借りて読んではいましたけれども。

いつでも読める状態なのはこちらだけ。

なので、何回も何回も読み直してました。

おかげで、6年生の時の社会の日本史は楽勝楽勝♪

 

「日本の歴史」で特に大好きだったのは

5巻の平安時代中・後期〜6巻の源平合戦あたり。

運動音痴なので競技かるたはできないのですがw

百人一首も大好きです。

昔の人って今みたいに情報や物が溢れていないせいか、

感性がとっても細やかな気がします。

人とのつながりを大切にするから、恋の歌も

たくさんあるのでしょうね。

お気に入りだった歌をいくつか。

 

  秋風にたなびく雲の絶え間より もれいづる月の影のさやけさ

     さやけさなんて言葉、パッと思いつかないです。     

     歌の意味とか解釈なくても景色が目に浮かぶような

     素敵な歌だと思いませんか?

 

  奥山に紅葉ふみわけなく鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき

     これは一番最初に覚えた歌なのでなんとなく。

     猿丸大夫という名前がまた、印象的だったので。

  

たまたまでしょうか。季節では秋の歌が好きです。

余談としまして。恋の歌はその時その時で変わるのですが。

 

  恋すてふ我が名はまだきたちにけり 人知れずこそ想ひそめしか

     恥ずかしながら片想い中。なので、この歌。

     相手にされないうちに周りにばれてしまいつつあるので

     この歌の通りの現状。

     何を暴露しているのだかw

 

と、歴史ともだいぶ離れてしまっていますが。

まあ、ゆっくりゆったりののんびりブログなので。

たまには(いつも?)大回りもありかなと。