恩返しの仕方も色々?

実家の近所の方から干し芋をいただきました。

とても立派な干し芋🍠

そのまま食べてもおいしいし、

ちょこっと火で炙って食べると甘い香りが漂って、

更に甘みも増して。

とても美味しい💕

 

こちらをいただいたのは母の生前の最後の大親友とも言える方で。

母っ子だった私も、とても可愛がっていただいていました。

着物好きになったのも、この方のおかげです。

和裁師(お針子さん)をされていたので、

私が公民館で日本舞踊を習い始めた時も、

色々お着物を縫っていただいたり。

ご自分で昔着られていたお着物を

何枚かお譲りいただいたりしていました。

母が病気になった時も、父と私は昼間は仕事があったので

あまり付き添いはできなかったのですが。

この方が昼間は母の病棟に赴き、

ずっと相手をしてくださったので、だいぶ母も

心穏やかに闘病生活を送っていられたようです。

そんな大恩人な方なのですが、

私が実家から少々離れたところに居を構えているので

だいぶ足が遠のいてしまっています。

そもそも実家自体、父は不在のことが多いので

そう度々足を踏み入れることもないのですが。

こうして、今でも私のことを気遣ってくださって、

本当にありがたい限りです。

 

茨城県出身の方なので、

季節になると干し芋をいつも送ってくださるのです。

子供のおやつにも自然の甘みでちょうど良く、

毎年楽しみにしていたりします。

こちらからのお返しがなかなかできないのが

申し訳なくて。

それもあってか、益々足が重くなってしまうという

悪循環に。

いつかきちんと、今までの大恩をお返しできる

日が来るといいなと。

 

お礼も兼ねてお電話を差し上げたのですが、

今年は着物を着て出かけることが多くなりそう、

ということを伝えたところ、とても喜んでくださいました。

最近の人は着物、自分で着られない人も多いですし。

やはり、着物に関わるお仕事をずっとされていた方なので

着物自体にとても深い愛着があるんでしょうね。

そのうち、着物を着たときにご挨拶に伺わせていただこうかな。

ちなみに前回のお茶会の時は伺いませんでしたが💦

 

そうそう、娘の卒業式の袴姿は突然思いついたので

朝から押しかけてしまってました。

次は成人式の晴れ着姿があるんでしたっけ。

こちらの振袖は私のお下がりを着てもらう予定になっていて。

もちろん、その私の振袖もこの方に縫っていただいたものです。

振袖って、小紋や訪問着と違って、活躍の場が

それこそ成人式くらいしかないので。

多分、喜んでいただけるのではないかな。

 

そうか、これが恩返しになっているのかな?

ご自分の作品を喜んで着てもらっているのって、

やっぱり作者にとっては一番嬉しいことなのかも。

物をお返しするだけが恩返しではないですね。

 

 

お茶会はじめ

先日、お茶会のオフ会に参加してきました!

念願のお着物オフ会デビューです。

皆様、お着物好きでいらっしゃるとともに、

お茶の経験のある方ばかり。

今回は簡素化したラフなお茶会ということだったので、

ほぼ初心者(若い頃に公民館のお茶教室で3ヶ月ほど習っただけ)

の私でも、気軽に参加できました。

 

新年早々後ろ姿ですが、お着物といえば帯も素敵なので

後ろ姿での一枚。

お着物も素敵ですが、帯も素敵✨✨

そしてそして、皆様、着こなしから所作からとても美しい!

手前の方に持ち寄りでいただいたお菓子もありますが、

どれもとてもおいしいものでした💕

和菓子って、見た目にも愛らしいですよね。

お菓子だけの写真も撮ったのですが、

うまく貼り付けできなかったので今回は割愛。

 

さてさて、お茶も皆様それぞれ持ち寄ってくださったものを

色々試し飲みさせていただきました。

香りや味がそれぞれちょっとずつ違って、

これもまた美味!

こちらの写真も撮ってあるのに、うまく貼り付けできないという💦

 

お茶会というだけあって、ちゃんと一人ずつお手前も披露。

もちろん、最初はベテランの方から。

今回はお茶を楽しんで飲みましょう、というのが

メインなので、お手前も簡略化したものでした。

やはり、ベテランさんは点て方がとても上手。

ちゃんと泡立っていて、ふんわりとしたお抹茶の

香りのたち方も違います。

一人一人、と先ほど書きましたが。

そう、初心者同然の私にも順番が回ってきて、

お手前、教わりながら点ててきました。

お作法はほとんど覚えていなかったので、

見様見真似の付け焼き刃です💦

なんとか、泡立ってくれましたが、

お茶のダマダマが残っていたんじゃないかと不安。

私の点てたお茶を飲んでくださった方、

申し訳ないです、ありがとうございます🙏

 

と、こんな形で4杯ほどお茶をいただいたら、

あっという間に退出時間となってしまいました。

こちらのお部屋は釜もお茶碗も掛け軸まで、

ありとあらゆるものがほぼ備え付けで

貸していただけたので、お片付けも楽ちん。

 

実は家から車で片道2時間ほどだったので

ちょっと行くのを迷っていたのですが、

行って良かった〜♪と大満足。

 

お茶会なので皆様お着物’sでしたが。

次回のオフ会はたとえ一人でも着物を着ていこう!

と改めて決意。

もちろん、オフ会の内容によっては着物を着てては

何もできなくなってしまう場合もありますけれども。

折角だから、なるべく着ていきたいですね。

背筋ピントするし。

お腹を帯で圧迫するので、

あまり食欲を感じないから食べすぎることなくていいかも😁

 

 

大和撫子、目覚める!

最近、着物の魅力を再認識して、着物を着てお出かけできる

チャンスを探しています。

母方の親戚に染め物問屋さんがいたのと。

実家のお隣さんが和裁師といういわゆるお針子の方で、

母ととても仲が良かったので。

着物に触れるチャンスが普通の方よりも多かったかもしれません。

若い頃、たまたま市報を見ていたら

公民館の日本舞踊のクラブが募集をしていたので、

そちらに入会して5、6年ほど習っていました。

そのため、一応、自分で着付けはできるようになりました。

※他人様の着付けはできませんが💦

 

ところが結婚を機に日舞もやめてしまい、

更に実家を出てしまったのでお隣の和裁師さんとも

お会いする機会も減り、着物たちもずっとタンスの肥やしと

化したまま、日の目を見ることがなかったのです。

たまに親戚の結婚式で訪問着を着る機会もありましたが、

やはり訪問着ともなるとそのまま仕舞い込む訳にもいかず、

クリーニングに出したりするのですが、

これまた、洋服よりもはるかにお高い金額なもので。

これならワンピース着た方がお得では?

と、段々着ることも無くなっていきました。

 

そしてそして。

断捨離を始めたこの頃になって。

「着物、結構あるけど、もういらないかな・・・

 メルカリにでも出すか。」

なんて思っていたのですが。

メルカリで、ほぼ売れ残っている!

そして、正絹の置物ですら目を見張るような

少額の金額で売られているではありませんか!

思い入れがあるものなので、こんな金額で出品するのは

忍びない・・・😢

せめて海外だったら、もっと高く売れるかな?

とも考えたりしていましたが。

 

オンラインサロンでお着物好きチャットを見つけて

そちらに参加するようになったら、

なんとまあ、皆様がお着物を着て楽しそうにオフ会を

開催されていらして。

あ、これだ!

と思ってしまったのです。

そのお着物好きチャットの方々は、それ以外のチャットの

オフ会でもお着物を召されていたりして。

そうか、このチャットに入っているって

周りの方が周知してくれれば、

普通のオフ会にお着物で参加してても別に変じゃないし。

却って目立てるから、さして特徴のない私でも

印象に残ってもらえるかも?

なんて欲目も出てきたりして。

 

もちろん、着物をはじめとして、

元々和物も好きだったこともあり。

(日本史好き、日本文化も好き、どちらかというと

昭和を通り越し、明治頭と言われる😅)

今はどこなら着ていけるかな?ってことで

頭がいっぱい。

幸い、母が小物を何種類も買い込んでいて。

いろいろ組み合わせを楽しめるので、

古くなってしまって使えなくなったものは

草履くらいでした。

多少の流行り廃りはあるものの、

着物って洋服と違っていつまでも長く使える、

しかも組み合わせ方次第で全然印象が変わってくるので

その辺がまた、楽しいのです♪

 

次はいつ、どこに来ていこうかな?

 

富士も鷹も茄子も出てきませんでした

今週のお題「初夢」

 

初夢って、いつ見たものを言うんでしょうね?

12月31日に寝て、1月1日の朝起きた時に見ていたものを

「初夢」って言っている方もいるし。

1月1日に寝て、1月2日の朝起きた時に見ていたものを

「初夢」って言っている方もいるし。

1月2日の夜に寝て1月3日の朝起きた時に見ていたものを

「初夢」ってなってたりもする。

 

私の中では1月1日の夜寝て、2日の朝見ていた夢が

「初夢」なのかな?と思っていましたが。

今年のカレンダーについていた「夢枕札」なる

七福神が書いてある紙によると

1月2日に見るもの、となっていました。

それって言うのは結局どっち・・・?

 

とりあえず、せっかくなのでその夢枕札なるものを

1月1日と1月2日の夜、両方枕の下に入れて寝てみたのですが。

これがまた。

1日の夢は、どういう訳か、庭木の伐採をしていた

(私本人ではない)ようですが、

伐採よりも切った枝についていた毛虫の方が

記憶に残っているという。

庭木の枝の伐採という行為自体は

そこそこいい夢らしいのですが、

それよりも毛虫の方が印象に残っているってことは、

毛虫の方がキーワードなのかな?

毛虫を夢占いで見てみると・・・

女性として進歩する(蛹から蝶に生まれ変わるという意味らしい)

ストレスを抱えている(毛虫があまりいい虫ではないから)

と、そんな感じらしいです。

そもそも退治目的で伐採していた(と思われる)ので、

女性として進歩する方ではなさそうですね😖

ストレスが溜まっていたのかな?

確かに、年末またまた空振りしたばかりでしたから😅

いい加減、いい歳して頭の中のお花畑、おしまいにしろと

いうことかしら?

ま、恋愛が女性を美しく保たせるっていうし。

いつまでも美しくありたいですよね、それなりに。

というわけで、新しいターゲット探しにいこ!

→全然懲りてない💦

いやいや、探しに行くのはもうやめて。

ここらでじっくり待ち伏せしてみようかな?

食いついてくれる人がいればいいのですが。

流石に、無理か😊

もう若くないし。

人目をひくような魅力が取り立ててあるわけではないですしね。

初夢がまたくだらない恋愛談義になってるし。

 

さてさて、次の日の夢はというと・・・

夢、見なかったんですよね〜。

覚えてない、というより、本当に見てない気がする。

目覚めた時に、とにかく「無」でした。

夢の残像も感情も特になし。

涎を垂らして寝てただけみたい。

なんだか、損した気分。

自己投資の一年に!

特別お題「2023年にやりたいこと

 

2022年は私にとって、とてもいい出会いのあった年でした。

対人スキルとしては、だいぶ成長を感じています。

そして、2023年は。

シングルマザーで実家近くに居を構え。

低賃金にもめげずに細々と暮らしていますが、

そろそろ本腰を入れて、自立したい!

もちろん、日々の生活費は月々のお給料の中で

やりくりしていますが、咄嗟の出費などは

実家に頼っている状態。

「いつまでも、あると思うな親と金」

このままずっと脛齧りでいる訳にはいきませんから。

転職は年齢と田舎で企業がないので

難しいのは重々承知。

となると、副業を考えないと。

幸い、今の職場は定時が早く、残業もせいぜい1時間。

とはいえ、体をそこそこ動かしているので

体力的にきつい時も多々あるのですが。

何かしら副業を手につけることができれば、

給料所得以外の副業収入を貯金に回すこともできるし。

いざと言う時、大きな安心へとつながりますよね。

何を?

これが一番ネックなのですが。

好きなことをダラダラと書き綴っているだけの

このブログで収入得ようとは思っていないです。

本当に、こちらは私の趣味の“書きたい欲”を

満足させるためのお部屋ですので😊

ITスキル低すぎるので。

パソコンの勉強から始めるのが一番かな。

それと、FP3級取得!

そして・・・余裕があったら簿記2級挑戦してみようかしら。

夢は大きく。

今年、実はメンタルヘルスマネジメントを

途中で挫折してしまいました。

職場で病んでしまっている方がいたのと

子供のことで少々心理学をかじっていたので

ちょっと関連あるし、どうかな?と思って

勉強し始めてみたのですが。

途中でモチベーションが下がってしまい、

結果ギリギリ不合格の点数しか取れませんでした。

資格を持てたとしても今の職場で部署移動があると思えず。

転職にもあまり役に立たない資格、

そんなのもあってモチベーションが低いままの

受験となってしまい、ただただ受験料をドブに

捨ててしまった結果に。

もちろん、再挑戦する気もおきません。

勉強した内容、全部は身についていませんが。

うつ病がどういう状況か、どうなると危険な状態なのか。

勉強しなければ知り得なかった情報を習得できたから

それでいいかな?と。

学生の時は何教科も同時に勉強していたのに。

大人になって、試験とかけ離れた生活を送っていると

なかなか勉強のモチベーション保ち続けるの、

難しいですね。

これから取得していこうとしている資格、

勉強に対する心構えを思い出すのには役立ったかな?

と、副業を始めるのとは関係なくなっていますが。

自己投資の一年にしたいと思います!

 

成長できた自分に拍手

特別お題「わたしの2022年

 

わたしの2022年

今年一年振り返って、成長したこと。

とあるオンライサロンに入って、オフ会に参加するようになって。

とても自分自身が進歩しました。

このブログを書き始めるきっかけになったのも、

そもそもそのオンラインサロンの主であるYouTuberさんに

影響されてのことだったのですが。

違う媒体での発信がうまく起動せず、

とても立ち上げのスムーズだった

はてなブログさんにお世話になっています😊

とはいえ、最初はずっとそのYouTubeの視聴者のままで

まさかそちらのバーチャルの世界になんて

入ろうとも思っていませんでした。

どちらかというと、そういったIT系を

嫌悪していたタイプだったので。

それが、稼ぐの目的でなくても。

自分を発信する場があってもいいかな、と思い始め。

ブログを書き始めることに。

とはいえ、3ヶ月ほどで一度、挫折しましたけど💦

仕事が忙しくなったり、気分が落ち込み過ぎたりすると、

どうしてもモチベーション、下がってしまって。

そんなこんなでダラダラしていた自分に

喝!を入れるべく、とうとうそのバーチャルの世界へと

飛び込んでしまった訳です😊

そこで出会う人たちの、なんてキラキラ✨していることか。

皆さん、自分の目指すところへと

日々努力されていて。

困っていれば、優しく手を差し伸べてくださる方ばかり。

私の場合、何を困っているかもわからないまま、

ただただその優しさに甘えて楽しくオフ会に

参加させていただいていただけなのですが。

いつの間にか、自分を表現するということが

苦手でなくなってきていた事に気づきました。

オフ会に参加する度、自己紹介的なものを

必然的にやらなくてはならず。

最初はただただしどろもどろで何を話しているかも

わからない状態だったのですが、

段々に自分がどういう人間か、わかってきた気がするのです。

とはいえ、周りの方々がどんな個性も

受け入れてくださる優しさがある、という大前提のもとに

成り立っているのですけれども。

これは自分にとって、とても大きな一歩でした。

自己肯定感低く、他人の目ばかり気にして

自分なんか、何にも特技も強みもない・・・

と、ずっと思っていましたが。

それをうまく、ポジティブに変換すればいいのだ、

という気づき、目から鱗でした。

取り立てて特技がないのは裏を返せばバランスが取れている。

自分で話題を振るのは苦手でも、他の人の話を聞いて、

一緒に笑いあったりできる、それってその場の雰囲気

明るくするのに役立っている。

目立ってなくたっていい、みんなが笑顔になれれば。

そんな思いでオフ会に参加するたび、

いつの間にか名前覚えてもらって、

仲良くしてくださる方々も増え。

とても世界の広がった、いい一年になりました。

この流れが来年も続きますように!

そういえば、年始の御神籤では末吉でした。

末吉、あまり良くないイメージでしたが。

終わりよければすべてよし、

実は大晦日にとても大事な方とお食事の約束が。

期待しちゃっていいのかしら😊

 

新しい世界の扉を開けました

今週のお題ビフォーアフター

 

5月ごろ、とあるオンラインコミュニティに入りました。

YouTubeの中だけだった世界に

今ではどっぷり浸かっています😅

 

田舎住まいで低賃金、中に入れば温かいけれども

飛び出た杭はすぐに打たれる。

郷に入らば郷に従え、の諺通り、

こんなものかなと思ってぬるま湯の泥沼に

浸かっているのが当たり前だと思っていましたが。

 

そのコミュニティに入ってオフ会に参加し、

外の世界がこんなにキラキラした

優しい人たちで溢れかえっていた事を

初めて知りました。

 

自分は何も持っていない、

この人たちとは住む世界が違う・・・

そう思って時々凹んだりもしますが。

一所懸命、上を目指して頑張っている姿を

近くで見せてくれるので。

自分ももう少し頑張れるかな?

行動し続ければいつか、自分にもチャンスが巡ってくるのかな?

なんて希望を持たせてくれます。

 

宗教じみた内容ですかね?

傍目にはそう見えるかもしれません。

現に、父にだいぶ胡散臭げに見られていますから😅

でも、頑張っている人のことを全力で応援する、

決して人を貶めるような発言したりしない、

本当にお付き合いしていても気持ちの良い方ばかりなので。

人生諦めかけて荒んでいた心が

顕れていく感じです。

 

とはいえ結果は全然出ていない、方向音痴で彷徨っている

状態の私ですが。

先日投稿したような、素敵な出会いもありました。

絶対、この世界に飛び込まなければ出会えなかったような人。

 

イケメン好きで超ミーハーな私でしたが。

見た目ではなく、本当に尊敬できて

素敵だな、と心から思える人に出会えました。

自分の発言に責任を持って

最後までやり切る信念を持った人です。

また、余計なこと(できそうもないこと)は

決して口にはしない。

だからこそ、周りの人からの信頼も厚く、

優しいだけでなく、芯のある人。

 

まだお付き合いが始まったわけでもないし、

そういう関係になれるとは限りませんが。

彼と出会えた事に感謝しています。

そして、こんなに素敵な人たちが

溢れている世界を作ってくれた

YouTuberの方に、本当に感謝しています。